項目一覧    

ヤミ金

 

その3

悪質な業者の例

紹介屋

あたかも低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないのでほかの店を紹介する。」などと言って、他の店で借りるように指示し、そこで借入れした金額の一部を紹介料としてだまし取る業者。

整理屋

「あなたの債務を整理・解決します」などと広告し、多重債務者から「整理手付金」といった名目で現金などを預かり、整理をしないでだまし取る業者。

買取屋

融資の条件としてクレジットカードで商品を次々と買わせ、それらを定価以下の安い金額で買い取るか、又はさらに高金利で融資する業者。申込者には、業者への借金のほかにクレジット会社への債務が残ることになる。

名義貸し
「消費者金融会社の調査」等の名目で「お金を借りるだけのアルバイト」と称して消費者金融会社から金銭を借り受けさせ、一定のアルバイト料を支払った上で「返済はこちらでやっておく」と発行されたカード(暗証番号も)もろとも金銭をだまし取る業者。
集まったお金とカードで返済と借入を繰り返すため、返済が行なわれている間は発覚せず、長期間だまされていることに気付かないことが多い。

その他

  • 融資の約束をした後、保証料などと称して手形、小切手、現金を送付させ、融資を実行しないまま連絡を絶ち、だまし取る業者。
  • 融資する前に返済の信用や実績を見せてと欲しいと、先にお金を振り込ませ、実際には融資を実行しないでだまし取る業者。
  • 契約内容をよくご確認ください / ご利用は計画的に / 無理のない返済計画を

その1のページへ

その2のページへ